バイセル Tech Blog

バイセル Tech Blogは株式会社BuySellTechnologiesのエンジニア達が知見・発見を共有する技術ブログです。

GCPのAI Platform ノートブックを使って、Tensorflow 2でObject Detectionを試してみる

テクノロジー開発部の村上です。CASHではObject Detectionを証明書分類などに活用しているのですが、 それを今後のためにTensorflow2に置き換えたいと考えていました。 そうしたところ、TensorFlow 2 meets the Object Detection APIという公式ブログ記事を見つけたので、今のCASHのモデル用に以前作成されたラベル付きデータを使って学習と推論を試してみました。 基本的にはチュートリアル通りなのですが、少し手こずったポイントもあるので紹介させて頂ければと思います。

f:id:nmu0:20200814013311p:plain:w300

続きを読む

CASHのために、社内マイクロサービスに新規サービスを追加しました

テクノロジー開発部の村上です。以前紹介させて頂いたように、弊社の社内システムはマイクロサービスで構築してあります。 マイクロサービスの一番の利点として、サービスを追加することで新機能・業務に対応出来るというものがありますが、 システムリリース後に本当にサービスを新規追加することがあるのかと思う人もいるかと思います。

そこで今回は、弊社が4月に事業譲受したCASHという即時買取サービス・アプリのために、1サービス追加したのでその事例を紹介したいと思います。

f:id:nmu0:20200728183552j:plain

続きを読む

RubyでgRPCサーバー開発

テクノロジー開発部の村上です。前回の続きで、メインシステムのgRPCサーバー実装について紹介したいと思います。

f:id:nmu0:20200615013217p:plain

前回の記事で紹介させて頂いたようにマイクロサービスを採用していて、その各サービス間の通信をgRPCで行うことにしました。ただ問題なのは、弊社のメイン言語はRubyであり、RubyでのgRPCサーバー開発があまり見受けられないことです。今回私はGrufというフレームワークを採用しました。

続きを読む

メインシステムのアーキテクチャ紹介 (GCPで、GKEを中心にシステムを構築しました)

テクノロジー開発部の村上です。先日、弊社のメインシステムを外部のものから自社開発したものに切り替えました。弊社の業務特性やエンジニア組織の規模を考えますとなかなか興味深い事例になったのではと思い、技術的内容を順次投稿させて頂ければと思います。初回の今回はまずアーキテクチャについて紹介致します。

続きを読む