バイセル Tech Blog

バイセル Tech Blogは株式会社BuySellTechnologiesのエンジニア達が知見・発見を共有する技術ブログです。

AWS LambdaとRDS Proxyとコネクションプールの話

  • はじめに
  • 概要
  • 環境
  • Lambda-RDS Proxy間で発生するピン留めについて
    • ピン留めの原因
    • 発生する問題
  • ピン留めを解決できなかった
  • Lambda function実行後にコネクションを切断してみる
    • ActiveRecordの挙動を確認
    • connectionを切断してみる
    • after_actionで実装
  • Amazon CloudWatch Logsで検証
    • 修正前
      • ログ
      • RDS Proxy-Aurora間コネクション数
    • 修正後
      • ログ
      • RDS Proxy-Aurora間コネクション数
  • まとめ

はじめに

テクノロジー戦略本部で在庫管理システムを担当している長兵衛です。

いきなりですが、最近間違ったことを発信してしまったらどうしようと尻込みしてあまりアウトプットができていませんでした。

失敗を恐れて何もしないより、どんどん失敗して学んだ方がいいと自分に言い聞かせて書きはじめています。

そのため半分自己満足なのですが、内容は有益だと思って書いているのでご容赦ください!

では本題に入ります。

概要

以前、新卒がサーバレスアーキテクチャに挑戦してみたという記事を書きました。

今回はこのRuby on Jets環境での「AWS Lambda-Amazon RDS Proxy間のコネクション接続/切断」、「Amazon RDS Proxy-Amazon Aurora PostgreSQL間のコネクション使いまわし」に着目していきたいと思います。

環境

  • Ruby on Jets 2.3.18
    • ruby 2.5.7
    • ActiveRecord 6.0.3
  • Amazon Aurora PostgreSQL 11.6
  • Amazon RDS Proxy
続きを読む

RedashをECS Fargateで構築する

テクノロジー戦略本部の村上です。弊社ではRedashを使用しているのですが、バージョン4だったため、Dockerfileは提供されていたものの現在のように公式でDockerによるデプロイ手順はサポートされていませんでした。今回管理しやすいように新たにRedashを建ててそちらに利用者を移すことにしたので、その建てた際の手順等をご紹介したいと思います。

f:id:nmu0:20210204182805p:plain
引用元: https://github.com/getredash/redash/blob/v8.0.0/client/app/assets/images/logo.png

続きを読む

NewRelicを使ったAPI速度改善手法

テクノロジー戦略本部の市田です。

普段の業務では社内基幹システムのAXISの開発を主に行っています。

AXISグループでは最近APIの速度改善に取り組みましたので、使った技術や改善までの流れを紹介します。

AXISグループについて知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

tech.buysell-technologies.com

続きを読む